ホーム>Rio Entertainment Design BLOG>イベント企画・展示会デザインのノウハウ>制作事例>香りデザイン東京
制作事例

香りデザイン東京

今回は11月に開催されました 第2回 香りデザイン東京にて住友商事マシネックス株式会社様のご出展をサポートさせて頂きました事例をご紹介致します。
住友商事マシネックス様は工作機械専門商社になりまして、住友商事様の子会社であり機械、器具、工具、度量衡器、計量器、医療用具類及びそれらの部品の国内販売及び輸出入を行っている企業様になります。
前年までは基本的にパッケージブースでのご出展をされておりまして、もっとしっかりと装飾をしたいとのことでご相談頂きました。
また今回のご出展製品が「燃焼方式」「フィルター式」など様々な方式のある脱臭装置でも、独自の「気化式」の脱臭装置とのことで、クリーンやきれいなブースというご要望を頂きました。
1小間(3m×3m)と限られたスペースの中でどこまで表現できるかといった悩みもありましたが、下記のようなブースプランをご提案致しました。
20191129181710.png

20191129181411.png

住友商事マシネックス様のロゴカラーが淡い青という箇所は生かし、くどく無いよう配色。
水色のR造作と間接照明、ストリングカーテンでご要望にあったクリーンさを表現致しました。
1小間ながら存在感、空気感を持たせたブースに仕上げました。

こちらのプランにて大枠OKを頂き、文言等サイン関係を調整しいざ建て込みへ!
2019112918152.png
部材が運ばれてくるや否やどんどん建っていきます。
間接照明を入れるため骨組みではレイヤー状になっています。
大工の方々、毎回ややこしい造作で申し訳ございません。。。
20191129181531.png
表具紙が乾いたタイミングで間接照明を仕込んでいきます。
カーテン、サインを貼り後は清掃をし引き渡しになります。

20191129181619.png

20191129181647.png
今回もパースと瓜二つ!
当たり前のことですがパースと比較して違っていたら大問題です。。。
おかげさまで1小間ながら存在感、ボリュームがある非常にまとまったブースとなったかと思います。
業者の皆さん今回もありがとうございました。

実は住友商事マシネックス様は12月の展示会のご出展も決まっており、3小間と規模を拡大してのご出展となります。
まだお見せすることはできませんが今回の展示会と続けてのご出展の意味を強くさせる為、ブースに一貫性を持たせたデザインとなっております。
12月の方も後日ブログにてご紹介させて頂ければと思います。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.rio-e-design.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/206

ページ上部へ

access