ホーム>Rio Entertainment Design BLOG>ノベルティ

ノベルティ

それって本当?展示会で配るノベルティの話。

ボールペンやクリアファイル、不織布のバッグにメモパッド……。
展示会に行くと様々なノベルティが配られており、帰る頃には大荷物になることもあります。
年度初めならカレンダー、これからの季節はうちわもよく見られますよね。
 
今日はそんな展示会で配られる「ノベルティ」のお話です。

ノベルティとは

201862903632.jpg
 
ノベルティの意味を辞書で調べてみると
「広告・宣伝のため,社名や自社の商品名を記して配布する記念品」とあり(三省堂 大辞林)、
ばらまきグッズ、販促グッズなどと呼ばれることもあります。
 
ブースの前で通行人全員にスタッフやコンパニオンの方が渡していたり、アンケートに答えてくれたら、
見積もり依頼をしてくれたらなど、ノベルティを配布するターゲットは会社が独自で設定するのが一般的です。

よく聞く、ノベルティの目的

ノベルティを配布する目的としてよく挙げられるのが「知名度UPを図ること」。
 
日常的に使うモノやオフィスへ持ち帰ってもらうモノを配ることで、そのモノに描かれたロゴを目にする機会が増えるのです。
新製品や新規のプロジェクトなどの知名度がないものの場合に、特に有効といえるでしょう。
 
そのほかにも、集客(あれがもらえるから行ってみよう)、
ブランディング(環境を扱う企業だからエコグッズ)などを目的として配布されることもあります。

でも、それって、本当ですか?

さて、突然ですがここで“もし自分がノベルティをもらったら”を想像してみましょう。
 
201862904036.jpg
 
会社のロゴが入ったボールペン。
 
もらって嬉しいでしょうか。
使うと思いますか。
 
ボールペンといった日常的に使うモノは既にたくさんお持ちではないでしょうか。
お気に入りのボールペン以外を使いたくない方もいるかもしれません。
 
筆者は職業柄、展示会の会期後に訪れることも多くありますが、
実はトイレや通路に、それはもう気の毒に感じるほどに大量のノベルティが捨ててあるのを見かけます。
こうなると、ボールペンを配った企業のイメージもあまり良いものにはならないのかもしれませんね。

展示会出展の本来の目的とはなにか

201862904121.jpg
 
限られた予算を喜ばれないモノ、捨てられてしまうモノにかけてしまうのは、賢いお金の使い方とは言えないでしょう。
 
不特定多数にモテるよりも、好きな人に好かれる方が大切とも言います。
 
本当に良い製品であればノベルティをばらまかなくても人は来ます、本当です。
「運命の製品」を必死に探す確度の高い見込み客がようやくあなたの会社の製品を見つけて訪れた時、
そこにノベルティなど必要ないのですよね。
 
展示会出展の本来の目的とはなにかを把握して、お金をかける場所を決めていきましょう。
 
なお、集客効果についても考えてみると、BtoCであれば有効ですが、BtoBの展示会の場合、
よい製品を見つけることを目的として訪れている方が多く「ノベルティほしいから行こう」とはなりにくいのが実情です。

おまけ:嬉しいノベルティの実例

せっかくノベルティを配るのであれば、自分が欲しいものを考えてみてください。
 
ロゴは思い切って外してみてはいかがですか。同じものでも使いやすさは格段に向上します。
 
ミントタブレットやガム、クッキーなどの食べ物もおすすめ。食べ物を捨てにくく感じるのは人間の心理でしょうか。
USBメモリもノベルティとして人気ですが、セキュリティの問題で使用禁止とされている会社もあるので要注意です。
 
IT系のある企業様は、フロッピーディスクを配っていらっしゃいました。
役立つことはないのですが話のきっかけに一役買った、もらって嬉しいノベルティですね。
 
■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら
ページ上部へ

access