ホーム>CREATION>Projection Mapping

Projection Mapping

プロジェクションマッピングは高い?! - 空間デザインならRio-E-Design

プロジェクションマッピングプロジェクションマッピングは、パソコン上で作成した映像を実際に存在する対象物と重ね合わせて表示し、動きをつける、変形させるなど、現実ではありえない動きを加える事が出来るため、表現の幅を広げる事が出来るという魅力があります。

私たち人間は、無意識のうちに動くものを目で追ってしまうという 本能があります。そのため写真よりもスライドショーや映像といった動くものは注目を集めやすいのです。近年東京駅やディズニーランドのプロジェクションで多くの方に知られるようになった投影方法。

 

イベントとして取り入れたいと思う方も多いかと思いますが、気になるのはその価格だと思います。東京駅の様な巨大建築物にプロジェクションする場合、一台何百万もするプロジェクターを数台用意しなくてはならないし、アニメーションを作るのも大変です。

 

プロジェクションマッピング制作

 

 

そこで弊社ではプロジェクションマッピングを身近なものに出来ないかと考え、自社にて制作ができる環境を整えました。

弊社で使用するソフトは海外では主流となっているものですので心配ありませんし、非常に簡単な行程でマッピングできるので、リハーサルを含む時間短縮と制作費をカットできます。

 

 

プロジェクションマッピング

 

 

 

投影したい物の大きさや、距離、会場の明るさによって適したプロジェクターを選ぶ必要がありますが、条件を満たせば非常に小さなプロジェクターでマッピングすることが可能です。一台では明るさが足りない場合や影が出てしまう場合も、2台使用する事で解決できます。

 

 

プロジェクションマッピング作成プロジェクションマッピングプロジェクションマッピング    

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記写真は3500lmという比較的光度の低いプロジェクターを使用しておりますが、問題なく写すことができました。

また5m角ほどの空間にプロジェクションするのにかかった時間は約2時間です。

 

ちょっとした空間に低予算でプロジェクションマッピングをご検討されている企画担当者様は是非一度弊社にお問合せください。

 

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ

access