ホーム>CREATION>映像手法の魅力

映像手法の魅力

映像手法の魅力 - 空間デザインや展示会デザイン、装飾ならRio-E-Design

映像制作
 

|映像手法の魅力

空間デザインに取り組むとなると様々な方法がありますが、注目を集める方法をお探しの方は、映像手法を取り入れてみてはいかがでしょうか。パソコンが普及している現代では、販売する製品をPRするイベント会場で映像手法を取り入れる企業様が増えています。

詳しくはCAMをご覧ください。

 

|ARの魅力

AR(拡張現実)はQRコードの進化版とも言えます。スマートフォンのカメラを利用して事前にプログラミングされた物体を見ることで、パソコン上で組込まれた情報を読み込み、画像や映像を見る事が出来る技術です。ARは名刺のような小さなスペースでも取り入れる事が出来るため、スペースが制限されているイベント会場でも簡単に宣伝する事が出来る手法です。スマートフォンをかざすまでは、どのような画像や映像などの情報が盛り込まれているのか分からないという魅力もあるので、興味を引き出す事も出来るでしょう。

詳しくはARをご覧ください。

AR

|プロジェクションマッピング(PM)の魅力

プロジェクションマッピングは、パソコン上で作成した映像を実際に存在する対象物と重ね合わせて表示し、動きをつける、変形させるなど、現実ではありえない動きを加える事が出来るため、表現の幅を広げる事が出来るという魅力があります。私たち人間は、無意識のうちに動くものを目で追ってしまうという本能があります。そのため写真よりもスライドショーや映像といった動くものは注目を集めやすいのです。

詳しくはPMをご覧ください。

プロジェクションマッピング

このように表現の幅を広げる事によって、サービスや製品に関するイメージが湧きやすい空間を演出する事が出来るようになり、非現実的な映像を加えれば加えるほど強いインパクトを与える事が出来るようになるという魅力があります。

cam

東京、青山にある弊社では、空間デザインのご依頼を承っております。デザインの提案から現場管理までトータルサポートさせて頂きます。注目を集めているARやプロジェクションマッピング、3Dデザインなどの映像手法にも対応致しますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

ページ上部へ

access