ホーム>Rio Entertainment Design BLOG

Rio Entertainment Design BLOG

ポータブルオーディオフェスティバル 2018 夏

 

今回はブログとしては久々となります海外企業様の制作事例をご紹介致します。

 

2018年7月、ベルサール秋葉原で開催されたポータブルオーディオフェスティバルにて、

AUDIOFLY様のブースデザインを担当した事例を紹介いたします。

 

AUDIOFLY様は「アーティストの演奏を忠実に再現するイヤホン」をコンセプトに、

一般向けからプロモデルまでラインナップされているオーストラリアのイヤホンブランドになります。

2013年に日本進出されると着々と人気が出ています。

 

今回は日本でのご出展は初となるAUDIOFLY様を弊社がヒヤリング〜撤去までサポート致しました。

 

日本支社が無いとのことで電話とメールでのやり取りがメインとなった本案件。

多少の時差もありなかなか連絡が取りにくい状況でした。

出展製品もまだ未定とのことで一度ベースプランをご提案させて頂きました。

201889164221.jpg

 

その後展示会の前に一度来日されるということで打ち合わせをすることに。

直接ヒヤリングをすると一般向け→ライトトーン、プロ向け→モノトーンとブランドカラーがあるとのこと。

今回はピンクを使いたいとご要望があり、4m×4mというほぼ限られた空間の中でどう共存をさせるのかが課題が出ました。

そこで一部に明るい木目で仕上げることによってピンクが浮かないようデザインしました。

201888195132.jpg

 

 

またバイヤー以外にも一般のお客様も多くご来場する展示会ですので、各イヤホンの展示方法も大事になってきました。

201889155918.JPG

20188916050.JPG

左右の展示台には4面をアクリルで覆った箱型のディスプレイケースを制作し、中央にはテーパーのかかった三角形の展示台を制作しました。

最終的にお客様にもご好評で、ディスプレイ系は使い回したいとのお言葉も頂けました。

 

 

デザイナーが直接ヒヤリングすることによって様々なご要望にお応えすることが出来、認識ズレも少なく、円滑に進めることが出来ます。

是非御社様の熱意やご要望をお聞かせ下さい。

 

 

ご予算やコンセプトに応じて
オリジナルデザインを作成いたしますので、お気軽にご相談ください。
 
■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079

広告宣伝EXPO #制作事例

みなさまも一度は注文したことがあるのではないでしょうか?

今回のお客様はベルメゾンの運営で有名な株式会社千趣会様。

千趣会様は長年にわたりブースデザイン、設営を担当させていただいております。

ベルメゾンネットは、千趣会 ベルメゾンの通販カタログ商品のオンラインショップで、ファッション・コスメ・ブランド・インテリア・ディズニーグッズなどのカタログ販売・通信販売サイトの運営をされております。

弊社が手がける空間デザインは如何にベルメゾンの商品を引き立てるブースをデザインするかということになります。

どの展示会でも同様ですが、出展しているのはブースではなく、あくまでもご出展者様の製品。

ブースばかり目立ってしまい、製品に視線を集められないブースでは意味がありません。

あくまでも広い会場内で見つけやすいブース、印象に残るブースが理想です。

今回は木目を基調にしたブースに仕上げました。

R造作をブースの一番目立つ部分(来場者様が交差する会場導線)に設置し、遠くからの視認性を高めてます。

201886132520.png

モニター部分の格子造作も内部を見通せて、空間が広く見えるのでいいですよね。

 

ブース内部にも2色の木目を使用し、アクセントを加え、造作物は混雑時を想定しできるだけシンプルに。

201886132721.png

201886132934.png

購入したその日からスッと家の一部になるような、みなさんが描いているベルメゾン商品のイメージを崩すことなく

空間を広々と、且つダイナミックにインパクトを与える理想的なデザインができたと思います。

会期中、ブースデザインに関しての取材もあったらしく、弊社としてはこれ以上嬉しいことはありません!

次回ご出展の際もよろしくお願いいたします。

 

株式会社リオエンターテイメントデザイン
〒106-0031 東京都港区西麻布1-15-7 
モダンフォルム西麻布ビル パートll 5F
tel 03-6459-2079 fax 03-6459-2089
 
お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

HR EXPO #制作事例

今年でブースデザイン、運営、施工を担当させていただいて3年目となる株式会社ネオキャリア様。

人材関連事業を中心に、新卒・中途のキャリアコンサルティングから、介護や保育、医療従事者をはじめとするヘルスケア領域、さらにはアジア各国での人材紹介やBPOなどを通じて、「リアル領域」での強みをそのままに、HR Techなどの先端テクノロジー、バーティカルメディア、集客メディアの運用など「ネット領域」にまでその領域を広げ、成長を続けている企業様です。

毎年同じコンセプトのブースではつまらない。毎年規模拡大しているのだから、新しいデザインを取り入れたい。

デザインを担当する弊社としてはプレッシャーでもあり、毎年サラの状態から組み上げていく「喜び」と「挑戦」を味わっております。

今回はブースのサイズが拡大した分、応接エリアを広く設けたいという意向もあり、造作物をブースの外側に集中させて、内側は広々とした空間にしました。

201886122641.png

色合いは通年通して、黒とイエロー。

これにはちょっとした理由がありまして。

こられる来場者様のことを考えると、毎年同じカラーリングで出展されているブースの方が記憶に残りやすく、

また年間数回出展される場合は、イメージを統一することで、仮に他の展示会出展時に同じ来場者様が訪れた際の安心感や企業イメージが統一する事でインパクトを与えることができます。

弊社では少なくとも3年間スパンで企業イメージの統一化を推奨しております。

 

造作物の一部として、今回はLEDテープライトを使用した氷柱のような柱をメインデザインコンセプトとして展開しました。

こちらにもちょっとした理由がありまして。

大阪で開催されるHR関西にもご出展予定ということで、ブースサイズが変わってもイメージの統一を図るため、コンパクトで且つイメージに残る

造作を提案しました。

201886122948.png

出展した印象としては、来場者数、ブースに対する反応など、とてもよかったと報告を受け、とても安心しております。

今後のデザイン展開、コンセプトに是非ご期待ください。

 

20188612567.png

展示会のブースデザイン、施工、イベント企画、運営なら

 株式会社リオエンターテイメントデザイン
 〒106-0031
 東京都港区西麻布1-15-7 
モダンフォルム西麻布ビル パートll 5F
 tel 03-6459-2079 fax 03-6459-2089
 
お気軽にお問い合わせください。
 

 

新事業部・プランニングチーム

2018123135033.jpg
 
さてこのたび、リオエンターテイメントデザインの組織を一部変更。
新体制として、「プランニングチーム」を設立いたしました!
 
新製品発表会や販促イベントをはじめとする、
企業とお客様を結ぶプロモーション施策の企画・提案〜運営〜実施に至るまでを
ワンストップで受託いたします。

イベントの企画・運営・実施をワンストップでご提供します。

リオエンターテイメントデザインでは1985年の創業以来、
「楽しい」「面白い」空間を提供することを理念に掲げ、
展示会ブースのデザイン設計・施工を事業の柱として参りました。
 
その中で、より様々なお客様のニーズに対応すべく、
プランニングチームでは、主にイベントの企画・運営・実施をワンストップで提供いたします。
 
201812313525.jpg
 
例えば、新作発表や創立記念などを目的に開催されるレセプションパーティ。
これまでリオエンターテイメントデザインでは、
空いている会場を見つけてその場に合った空間の演出をしていましたが、
このたび新設したプランニングチームによって、空間演出に加え、有名人やマジシャンを呼ぶ、
バーテンダーにパフォーマンスしてもらうといったパーティの企画から、
渉外・手配、当日の受付・進行といった運営までをプロデュースすることができるようになりました。
 
早速これまでに、行政機関の告知イベント、ショッピングセンターでの集客イベント、
自動車ディラーや住宅展示場での販促イベントなどの実績がございます。

弊社ならではの強みがあります。

これまで展示会のブース計画・デザインから施工・撤去までを
一貫して請け負ってきたリオエンターテイメントデザイン。
イベント会社にはない、弊社だからこその強みがあります。
 
それが、ワンストップサービスです。
 
201812313530.jpg
 
通常のイベント会社の場合、イベントの企画・現場のディレクションのみが業務範囲であることが多く、
会場の手配やスタッフの派遣、ポスターやノベルティの制作、造作物やステージの設営、備品の搬入など、
そのほかの業務に関しては別の会社を探す必要があります。
 
これまで展示会などのデザイン設計・施工を行ってきたリオエンターテイメントデザインの
ノウハウを結集した「プランニングチーム」なら、
イベントの企画〜運営に関する全ての業務を請け負うことが可能となるのです。
 
これによって、ご提案できる幅が広がるだけでなく、
企業様の時間的・費用的コストや面倒さを削減することができ、
イベントのクオリティや効果をアップさせることができると考えています。
 
今後ともリオエンターテイメントデザインと「プランニングチーム」を、どうぞよろしくお願い致します。
 
■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら

デザイン会社がイベントを企画すること #社内インタビュー

このたび、リオエンターテイメントデザインの新体制として設立した「プランニングチーム」。
 
新製品発表会や販促イベントをはじめとする、
企業とお客様を結ぶプロモーション施策の企画・提案〜運営〜実施に至るまでを
ワンストップで受託するリオエンターテイメントデザインの新しいチームです。
 
2018123135542.jpg
 
今回は、プランニンングチームの一人、小菅賢一にインタビュー。
自身のストーリーからイベントの将来を語ってもらいました。
 
なお、詳しい業務内容については
ブログエントリー「新事業部・プランニングチームを設立しました。」をご覧くださいませ。

広告代理店の限界?

前職は広告代理店の企画営業だったという小菅。
このキャリアチェンジに似た転職には、自身が感じていた広告代理店の限界があったようです。
 
自身の勤めていた広告代理店に、ひとつもどかしく感じていたことがあります。
それが仕事のスタンスで、「広く浅く」だったんですよね。
あらゆる取引の仲介をするのが代理店の存在意義でもあるのですが、
ひとつひとつに対して特化しない、深くなりづらいというか。
ネットの存在もあり、代理店をはさまずにあらゆる人・企業とコンタクトが取れる時代になって、
「自分っていらないんじゃないのかな。」そう思ったのが、転職を考え始めたきっかけでした。
 
ただし、広告代理店出身だからこその強みもしっかりと自覚しています。
 
でも、あらゆるものを広く扱っていたからこその知見やコネクションなどのノウハウがあります。
これは、この「プランニングチーム」でもしっかり活かされていますよね。
印刷、デザイン、それからメディア……代理店時代に培ったものを活用して、
幅広い提案を考えることができるのは、私の強みだと思うんです。
 
この仕事の楽しさ・面白さとは?
 
201812314537.jpg
 
喜んでいる顔を直接見られることです。
チラシを打つだけだと顔は見らせませんが、
イベントでリアルに接することができるのに楽しさを感じます。
ありがとうって言われるとやっぱり、ほっこりと、やってよかったなって思います。

デザイン会社がイベント企画をすること

入ってみると、クリエイティブな部門もありますし、
なにもないところからにモノを生み出せるというのは、すごいことだと感じています。
 
小菅の仕事とは、イベントをやりたいと相談を受けたお客様に対して、
企画して本番までのプロセスをプロデュース・ディレクションをしていくこと。
デザイン会社の「新入社員」が見る、弊社の強みについて聞いてみました。
 
20181231473.jpg
 
社内で造作ができるのは、施工までを請け負っているデザイン会社ならでは、ですよね。
例えば、フォトスポットを作るという企画があった時、通常のイベント会社だと企画するだけなんですが、
ここではフォトスポットをデザインして作って設営までできてしまう。
フォトスポット以外にも、商業施設のサイン看板から、マップを作ったり、
それを印刷したり、クリスマスの装飾まで……、提案力の強さがあると感じています。

イベントの将来と、小菅のプライド

先ほど、ネットの存在であらゆる人・企業と直接コンタクトが取れる時代になったと申し上げましたが、
それゆえ人を呼ぶことって難しくなっている気がします。
そこで「にぎやかし」としてのイベントは、今後さらに伸びていくんじゃないかと思っているんです。
安売りのチラシを打つより、こんなイベントやりますって告知したほうが、
出かけてみようとさせるフックとして強い。
 
イベントの存在意義とその将来を聞いたら、小菅自身の大切にしているプライドが垣間見えました。
 
「にぎやかし」は、それ自体では目的やゴールにはなりえないですよね。
買ってもらわなければ意味がない。来てくれた人に買ってもらう工夫って
ちょっとした努力なのかもしれませんが、そこは常に意識してプライドを持ってやっています。
販促費が減って、人が集まったから成功だねと言える時代ではありませんから、
今後のイベントはより目的を達成していくことを主眼に置いたものになっていくと思うんです。
オリジナリティを忘れず、真の目的を達成していけるイベントを、
お客様とともに生み出していきたいと思います。

 

■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら

企業がイベントを開催する意味を考える

2018123141531.jpg
 
新製品発表会や販促イベントをはじめとする、
企業とお客様を結ぶプロモーション施策の企画・提案〜運営〜実施に至るまでをワンストップで受託する
プランニングチーム」の新設に伴い、
今後、このブログではイベントの基礎知識もご紹介してまいります!
 
今回は企業が開催するイベントについて、その意義や目的を考えてみます。

イベントの意義とは

そもそもイベントの意義とは、ずばり「人を集めること」です。
 
大小関わらず魅力的なイベントがあれば、安売りチラシを打つより
「行ってみよう」とさせるのに、効果的。
そして、そのイベントを始点として、新たな収益を生み出したり、
新たな層への認知を増やしたりしていくことが、イベントや集客の効果や魅力だといえるでしょう。

イベントの目的を考えてみましょう

イベントの開催、または人を集めるだけで成果をあげられることはほとんどありません。
あくまで目的達成のための手段であることを意識しておく必要があります。
 
2018123141653.jpg
 
例えばあるショッピングセンターのイベントひとつとっても、商品を買ってもらうこと、
ファンを作ること、リピータを作ること、カードの会員になってもらうこと、
アプリをダウンロードさせること、などイベントの目指すところは様々。
何のために集客するのかという目的の明確化は、限られたコストで最大限の効果をあげるために大切です。
 
◆ヒント◆誰のため?
 
流行に敏感なティーンをターゲットにするならSNSと連動させたフォトスポットを、
ビジネスマンなら経営者を招いたトークセッションを……など、
ターゲット(そのイベントに来て欲しい人)を定めることによって、企画内容も変わります。
目的とともにターゲットを明らかにしましょう。
近所の人なら新聞チラシ、子育て世代なら同年代のインフルエンサーにSNSでお知らせしてもらう
といった風に、告知の方法も変わってきます。
 
お気に入りの芸能人を呼ぶのは少し待って、まずはターゲットを定めることが大切ですね。
 
◆ヒント◆ブレストが有効です
 
明確な目的が明らかになっていない場合、リオエンターテイメントデザインではヒアリングの際、
クライアント様と弊社の担当者でブレインストーミングを行う場合が多くあります。
ざっくばらんに意見を出し合うことで、新たな気づきがあるかもしれません。
 
ここで明らかになった目的は、
イベントに携わる全てのスタッフの共通認識として常に意識しておくことが大切。
その意味でも、チームの連帯感が高まるブレストという手段は有効でしょう。
 
2018123141737.jpg
 
出展の目的を明確にすることは、企画だけなく、
予算の最適化、営業(スタッフ)の動き方の決定、成果の測定などにも役立ちます。
目的を明確化・共有し、全員が同じ方向へ向かって臨むことが、イベント成功のために重要なのです。
 
リオエンターテイメントデザインでは、
イベントの目的の明確化から企画・提案、運営、実施に至るまでをワンストップで、お手伝いいたします。
お気軽にご相談ください。
 

■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら

[鎌倉彫金工房様]温かみある店舗へリニューアル #制作事例

2018年6月1日にオープンを迎えた鎌倉彫金工房様の第2号店、
「鎌倉彫金工房 大町」の内装を担当した事例を紹介いたします。
 
2018629162.jpg
 
鎌倉彫金工房様は、穏やかな雰囲気をもつ鎌倉に位置する手づくりの結婚指輪を作る体験型の工房。
“2人にとって世界にひとつの特別な指輪”を手作りするというコンセプトが口コミで話題を呼び、
お客さんは北海道から沖縄まで、日本全国から訪れていらっしゃるのだそうです。
 
御成町の1号店を店舗リニューアルされる際にも、
デザインと施工(工事)をリオエンターテイメントデザインが担当させていただきました

温もりを感じられる、落ち着いた空間に

御成町の店舗と同様、木を基調とした温もりの感じられる雰囲気で、
じっくりと指輪作りに没頭していただけるような空間になりました。
 
20186291634.jpg
 
20186291650.jpg
 
作業台も弊社がデザインしました。
 
2018629177.jpg
 
強度と耐久性に優れたスチールパイプと、外壁材としても使用されるほどの耐久性を持つレッドシダー材を天板部分に使用。
お客様に安全に作業していただける安全性にこだわりました。
スチールパイプはマットブラックで塗装し、ナチュラルで落ち着いた雰囲気を与えています。

元カフェをリニューアル

店舗は、もともとカフェだったのだそう。
厨房がそのまま残されていました。
 
20186291742.jpg
 
大きな換気扇も。
 
2018629180.jpg
 
カウンターもありました。
 
20186291822.jpg
 
これらの厨房機器などは、すべて撤去。水回りの移動のために、一度床に穴を開け配管をし直した上で再度塞ぎました。
さらに、もともと2部屋になっていた壁も可能な限り取り払い、開放的に!
 
20186291840.jpg
 
20186291859.jpg
 
今回の店舗は、スウェーデンハウスという北欧の輸入住宅を改装したものです。
日本の建築物とは全く異なる手法で建てられており、困難なことも様々ありましたが、
温かみ溢れる鎌倉彫金工房様らしい店舗に仕上げることができました。

店舗デザインも、リオエンターテイメントデザインへ

今回掲載したデザインはリオエンターテイメントデザインのデザイン実績の一部です。
ご予算やコンセプトに応じてオリジナルデザインを作成いたします。

不明点等ありましたら、お電話・メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら

展示会をデザイン会社に頼む最大のメリット

2017519141533.png
 
以前のブログ「専門業者に頼まず展示会ブースを作りたい!」でもご紹介しましたが、ブースは自力で作ることができます。
 
それでも、展示会ブースのデザインを扱うリオエンターテイメントデザインがいるのか。
その存在意義について考えたら、出展者様がデザイン会社に頼むメリットが見えてきました。

楽・安全・安心こそが最大のメリット

デザインから設営・撤収まで任せて、楽。
 
デザイン画を起こしてから、什器をリースして、ポスターを印刷して、搬入して、撤収して、返却する……。
集客や製品や商談の準備など、展示会に出展するにあたっての本来やるべきことに割ける時間が取れなくなってしまいます。
そもそもTODOが多すぎて、これをすべてこなすだけでも大変!
 
展示会ブースや空間デザインに関するノウハウがつまったプロ・リオエンターテイメントデザインにお任せください。
ご要望を伺うお打ち合わせ後、デザインから什器の調達、ポスターの印刷、設営から撤収まで、すべてを請け負います。
 
展示会を扱ってきた工事業者で、安全。
 
パネルが落ちてしまった、モニターが壊れてしまった……。
自力で施工を行う場合は、起こりうる問題や危険を把握しきれないこともあります。
万が一、大きく重たいモノが会期中に落ちてきてしまったら、来場者様を巻き込む危険な事故になりかねません。
 
リオエンターテイメントデザインでは、
スタッフによる現場の監督と、長きに渡って展示会を扱ってきた工事業者による施工を行います。
万が一、会期中にそのようなことが起きた場合も柔軟に対応させていただきます。
 
予期しないトラブルでも、安心。
 
膨大なTODOをこなすうち、ヌケモレが出てくるかも。
常に上で紹介した事故のリスクと背中合わせで過ごさねばならないでしょう。
急に上司からお直しの依頼が! リース会社の手違いで什器が用意できない!
といった予期しきれないトラブルがあるかもしれないと考えると、おちおち休憩もしていられないのかもしれません。
 
「いざとなったらリオさんいるから安心だよね」
これこそが私たちの存在意義であると考えています。
 
201862904536.jpg
 
出展者様の本来のお仕事は、出展の目的を果たせるよう準備することです。
 
ブースデザインに関するすべてをデザイン会社にお任せしていただくことで、それを叶えることが可能に。
展示会のブースデザインは、リオエンターテイメントデザインまでお気軽にご相談ください!
 
■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079

それって本当?展示会で配るノベルティの話。

ボールペンやクリアファイル、不織布のバッグにメモパッド……。
展示会に行くと様々なノベルティが配られており、帰る頃には大荷物になることもあります。
年度初めならカレンダー、これからの季節はうちわもよく見られますよね。
 
今日はそんな展示会で配られる「ノベルティ」のお話です。

ノベルティとは

201862903632.jpg
 
ノベルティの意味を辞書で調べてみると
「広告・宣伝のため,社名や自社の商品名を記して配布する記念品」とあり(三省堂 大辞林)、
ばらまきグッズ、販促グッズなどと呼ばれることもあります。
 
ブースの前で通行人全員にスタッフやコンパニオンの方が渡していたり、アンケートに答えてくれたら、
見積もり依頼をしてくれたらなど、ノベルティを配布するターゲットは会社が独自で設定するのが一般的です。

よく聞く、ノベルティの目的

ノベルティを配布する目的としてよく挙げられるのが「知名度UPを図ること」。
 
日常的に使うモノやオフィスへ持ち帰ってもらうモノを配ることで、そのモノに描かれたロゴを目にする機会が増えるのです。
新製品や新規のプロジェクトなどの知名度がないものの場合に、特に有効といえるでしょう。
 
そのほかにも、集客(あれがもらえるから行ってみよう)、
ブランディング(環境を扱う企業だからエコグッズ)などを目的として配布されることもあります。

でも、それって、本当ですか?

さて、突然ですがここで“もし自分がノベルティをもらったら”を想像してみましょう。
 
201862904036.jpg
 
会社のロゴが入ったボールペン。
 
もらって嬉しいでしょうか。
使うと思いますか。
 
ボールペンといった日常的に使うモノは既にたくさんお持ちではないでしょうか。
お気に入りのボールペン以外を使いたくない方もいるかもしれません。
 
筆者は職業柄、展示会の会期後に訪れることも多くありますが、
実はトイレや通路に、それはもう気の毒に感じるほどに大量のノベルティが捨ててあるのを見かけます。
こうなると、ボールペンを配った企業のイメージもあまり良いものにはならないのかもしれませんね。

展示会出展の本来の目的とはなにか

201862904121.jpg
 
限られた予算を喜ばれないモノ、捨てられてしまうモノにかけてしまうのは、賢いお金の使い方とは言えないでしょう。
 
不特定多数にモテるよりも、好きな人に好かれる方が大切とも言います。
 
本当に良い製品であればノベルティをばらまかなくても人は来ます、本当です。
「運命の製品」を必死に探す確度の高い見込み客がようやくあなたの会社の製品を見つけて訪れた時、
そこにノベルティなど必要ないのですよね。
 
展示会出展の本来の目的とはなにかを把握して、お金をかける場所を決めていきましょう。
 
なお、集客効果についても考えてみると、BtoCであれば有効ですが、BtoBの展示会の場合、
よい製品を見つけることを目的として訪れている方が多く「ノベルティほしいから行こう」とはなりにくいのが実情です。

おまけ:嬉しいノベルティの実例

せっかくノベルティを配るのであれば、自分が欲しいものを考えてみてください。
 
ロゴは思い切って外してみてはいかがですか。同じものでも使いやすさは格段に向上します。
 
ミントタブレットやガム、クッキーなどの食べ物もおすすめ。食べ物を捨てにくく感じるのは人間の心理でしょうか。
USBメモリもノベルティとして人気ですが、セキュリティの問題で使用禁止とされている会社もあるので要注意です。
 
IT系のある企業様は、フロッピーディスクを配っていらっしゃいました。
役立つことはないのですが話のきっかけに一役買った、もらって嬉しいノベルティですね。
 
■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら

[Re:bration様]内装・ロゴ・リーフレットを担当 #制作事例

2018年5月、サロンの激戦区として知られる渋谷の宮益坂にオープンした
「Re:bration」様の事例をご紹介いたします。
 
 
2018613222216.png
 
 
Re:bration様は、日本ヘッドセラピー協会認定講師が手掛ける
「脳セラピー」にもとづく無水ヘッドセラピーサロン。
頭・首・肩甲骨・デコルテ・目元をじっくりとほぐして、
日々のストレスや筋肉の緊張などで疲れた脳を癒してくれるリラックス空間です。
 
リオエンターテイメントデザインでは、サロンの内装、ロゴマークの作成、リーフレット、ポイントカードなどの
プロデュースを担当させていただきました。

思わず“寝落ち”してしまう空間

2018613222651.JPG
 
2018620151737.png
 
疲れを感じられているお客様に、とにかくリラックスしていただきたい」とのご要望から、
ベッドやチェアを完全個室にて設置。
全体を自然のぬくもりが感じられるダークトーンのブラウン色で構成し、
照明も柔らかなオレンジ色で、落ち着きや安心感を感じていただけるようにデザインしました。
 
 
201861322320.jpg
 
裏話として、今回の店舗づくりで鍵になったのがスケジュールでした。
 
店舗オープンの日程などから計算した工期は、2週間。
同様の規模の店舗と比較して短かかったため、スケジュールの組み立てと管理を緻密に行いました。
 
2018613223222.jpg
 
前に入られていた店舗の解体撤去に始まり、墨出し(工事に必要な線や形、寸法を記すこと)、
個室を構成するLGS(壁や天井の下地となる鉄骨)の建て込み、クロス張りとフロアタイル仕上げ、
照明・家具の搬入まで、きめ細やかにスケジューリングすることで、無事、オープンすることができました。
 
2018613223244.jpg
 
201861322336.jpg

ロゴマークのプロデュースも担当しました!

2018613223427.png
 
ロゴは、自律神経につながる脳をリラックスさせる様を表現し、
脳脊髄液の流れを改善して脳の疲れを軽減する「脳セラピー」のコンセプトを反映。
曲線やオレンジ色を採用することで、女性的な気品や柔らかいイメージ、安心感の中に、
緊張を和らげ、明日への活力を感じていただきたいという、サロンの価値観を伝えています。

内装、ロゴ作成、リーフレットも、リオエンターテイメントデザインへ

お客様にリラックスしていただけるデザインを形にすることができ、
口コミサイトなどではRe:brationにいらっしゃったお客様に、
落ち着いた空間で、施術前から緊張が少しずつ解れていったとご評価いただくことができました。
 
今回掲載したデザインはリオエンターテイメントデザインのデザイン実績の一部です。
ご予算やコンセプトに応じてオリジナルデザインを作成いたします。
 
不明点等ありましたら、お電話・メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。
 
■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら
ページ上部へ

access