ホーム>Rio Entertainment Design BLOG>イベント企画・展示会デザインのノウハウ>制作事例>国際物流総合展 #制作事例
制作事例

国際物流総合展 #制作事例

今回は国際物流総合展にご出展されたシービーアールイー株式会社様の事例をご紹介致します。

シービーアールイー株式会社様は不動産賃貸・売買仲介サービスにとどまらず、各種アドバイザリー機能やファシリティマネジメント(FM)などの18の幅広いサービスラインを全国規模で展開する法人向け不動産のトータル・ソリューション・プロバイダーです。

CBRE様の社内にはデザインを専門に行う部門があり、ブース デザインの大枠は決まっている状態で、ブラッシュアップと施工のご依頼をいただきました。

提出いただいたデザインを拝見し、上部造作を支える柱の本数や位置など強度面を特に注意しながら確認しながら、なるべくイメージを崩さない様に進める流れになりました。

20181059286.jpg

 

今回のデザインで一番こだわったのが壁面に使用する木目。

通常ですと、色見本の中からイメージに近い木目の経師(壁紙)を選ぶのですが、経師は通常縦に貼るもので、

木目も縦に印刷されているのです。今回は壁面ならびにカウンターの腰も木目が横向きに流れるので、適した素材に悩みました。

最終的に辿り着いたソリューションが内装工事で使う薄いフロアータイルです。

薄いゴム製のフロアータイルは柔らかいため、カウンターのRにも対応でき、価格も抑える事が出来ます。

木目をよりリアルに見せることもできるので、クライアントからも了解をいただいて、難関はクリアー。

その後の打ち合わせで床材、ブース 内に設置する家具の選定、プレゼンテーションの仕様等を入念に擦りあわせました。

20181051565.jpgのサムネイル画像

 

そして迎えた施工当日。

まず木工部隊の到着で立て込みが始まります。

上のボーダー部分に貼り付けるフロアータイルが万が一落ちると一大事の為、一度経師紙を貼り、フロア材との粘着力を高めます。

201810592931.JPG

 

201810594340.JPG

 

ある程度造作が建った所でフロア材の登場です。

展示台の扉や仕様上造作とフロア材のサイズが上手く合わない箇所がありましたがカットを繰り返し、互い違いに貼り合わせることで。。。

201810594415.JPG

紙では表現しきれないよりリアルな仕上がりになりました。

 

照明、モニター、スピーカー、マイクの設置が終わり次はボーダーに造花をつけていきます。

一箇所に偏らない様まんべんなく散らしながら、たるませる箇所はたるませながら施工していきます。

201810594515.JPG

 

最後に展示資料や椅子の配置や照明位置、マイクテストが終わり施工完了です。

201810594020.JPG

 

会期終了後のお客様のお話によるとご来場者様からの評判も良く非常にご好評頂けました。

予想以上に設営には時間がかかり、タッカーを握っていた手は設営終了後、何も握れないほど痺れてましたが、クライアント様の想像を超えるブースに仕上げる事が出来たと思います。

 

展示会のブースデザイン、施工、イベント企画、運営なら

 株式会社リオエンターテイメントデザイン
 〒106-0031
 東京都港区西麻布1-15-7 
モダンフォルム西麻布ビル パートll 5F
 tel 03-6459-2079 fax 03-6459-2089
 
お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.rio-e-design.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/165

ページ上部へ

access