ホーム>Rio Entertainment Design BLOG>イベント企画・展示会デザインのノウハウ>制作事例>地方自治情報化推進フェア2019
制作事例

地方自治情報化推進フェア2019

展示会名:地方自治情報化推進フェア2019
出展社名:株式会社BSNアイネット様

今回は10/10-11 青海展示場にて開催された地方自治情報化推進フェア2019 株式会社BSNアイネット様のブース事例をご紹介致します。

株式会社BSNアイネット様は、新潟県新潟市中央区に本社を置く情報処理サービス、システムソフトウェア開発などを行う会社になります。


ご縁があり今年で3年目のお付き合いとなりますBSNアイネット様。
初年(2017年)は6m×9mの6小間でのご出展でした。

201911120656.png

そこから昨年は同じ6小間なのですが3m×18mとかなり横長の珍しい形でのご出展となりました。
ご出展サービスの種類が多く、ブース設計を誤ってしまうと当日非常に扱いづらいブースになってしまう為、何の要素を残し、削り、追加していくかと綿密なすり合わせをしました。
そこで2017年ではブース内でセミナーを行っていましたが、それを展示会側のベンダープレゼンで、面積を多くとってしまうブース内のプレゼンスペースを補いました。

201911120755.png

201911120817.png

幸いベンダープレゼンエリアからブースが非常に近く、会場導線を生かすプランニングとなりました。

そして今年の同展示会。
昨年のブースが非常に扱いやすかったとのことで同形状の3m×18mで出展されるとお声掛け頂きました。
ご要望としては基本的には昨年を踏襲しつつ、壁面をよりフラットにしブースの回遊性を高めたいとのことでした。
各サービス毎のスペースにゆとりが生まれスッキリとしたブースとなりました。
会期後には事前にお打ち合わせさせて頂いた導線設計やオペレーション等思ってた通り扱いやすかったと仰って頂けました。

2019111201143.png

2019111201039.png

弊社には「3年間、1社」のススメという言葉があります。
※    「3年間、1社」のススメについてはこちら

複数回サポートさせて頂いているからこそ細かいところまでご要望を汲み取れる、次回を見据えて今回のプランを考えられるなど様々なメリットがございます。
これからブランディングを強めていきたいなどのお考えをお持ちの方はこういったアプローチはいかがでしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.rio-e-design.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/200

ページ上部へ

access