ホーム>Rio Entertainment Design BLOG>イベント企画・展示会デザインのノウハウ>[株式会社Gunosy様]インパクト重視の4小間ブース #制作事例
イベント企画・展示会デザインのノウハウ

[株式会社Gunosy様]インパクト重視の4小間ブース #制作事例

2017529112917.png

2016年9月、東京国際フォーラムで開催された「Ad:tech東京 2016」にて、株式会社Gunosy様のブースデザインを担当した事例を紹介いたします。

株式会社Gunosy様は、1,800万DLを突破し国内最大級の規模を誇る情報キュレーションアプリ「グノシー」「ニュースパス」を開発・運営されています。

「Ad:tech東京 2016」への出展にあたり、“第一印象のインパクトを重視する”ブースデザインを行いました。

高さ3m以上の紙飛行機で“インパクト”を

2017529113110.png

Gunosyのトレードマークである紙飛行機をモチーフにした、高さ3m以上の立体物が本ブースデザインの目玉。

“インパクトを重視したい”というお客様のご要望から、リオエンターテイメントデザインがご提案させていただきました。

なお、「グノシー」のアイコンにも使用されているこの飛行機には、多くの人へ自然に情報を届けたいという意味が込められているのだそうです。

2017529113040.png

空間デザインを判断するとき、インテリアへのこだわりが少ない人は、“かっこいい”か、“かっこ悪い”か、その空間に対して直感で判断されます。

つまり、パッと目に入った時の第一印象は、インテリアや空間デザインにおいて最も重要視すべき要素のひとつであるのです。

今回はブース位置が展示会場入り口のそばであったため、この巨大な立体物を展示会場の入り口に向けて設置、来場者の注目を集めました。

事業紹介の動画を放映したいとのお客様のご要望は、入口側とその他2方向に向けてそれぞれ画面を設置することで叶えました。

さらに、ブース内では、ゲストを迎えてのトークセッションも行われるとのことで、ステージとともに長椅子を置いた観覧スペースを広く取っています。

コンセプトに応じたオリジナルブースデザインは、リオエンターテイメントデザインへ

2017529113012.png

“インパクトを重視したい”とのご要望を、ブースデザインとして形にすることができ、ご評価いただきました。

今回掲載したデザインはリオエンターテイメントデザインのデザイン実績の一部です。ご予算やコンセプトに応じてオリジナルデザインを作成いたします。

不明点等ありましたら、お電話・メールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

■株式会社リオエンターテイメントデザイン
Tel:03-6459-2079
お問い合わせページはこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.rio-e-design.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/88

ページ上部へ

access